アイアムアヒーロー

青年コミックランキング391位
作者
花沢健吾(はなざわけんご)
出版社
小学館

1巻

発売日
2012年12月20日
鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!

2巻

発売日
2012年12月20日
音信不通だった恋人・てっこからの「大好きです」という仲直りのメールに一安心した英雄は、翌朝さっそく彼女のアパートを訪ねる。まだ寝ている様子のてっこにドア越しで呼びかけると、彼女は起き上がりこちらに向かってきた。だが、彼女の様子がおかしくて…!?

3巻

発売日
2012年12月20日
混乱…狂騒…紛糾…崩れ落ちる日常!パニックの首都圏を命からがら逃れた英雄が辿り着いたのは、富士の麓の地下道だったーー!!体温と動悸が平静を取り戻すと同時に、英雄は圧倒的「孤独」と出会う。そのとき、男はヒーローになれるのか…!?

4巻

発売日
2012年12月20日
逃走の末、辿り着いた富士の樹海で英雄が出会ったのは、制服の女子高生・比呂美だった。安住の地も、絶望する暇もなき世界で、2人を次々と「感染者」たちが襲う!!傍らには散弾銃。英雄は「かつて人間だったもの」に対し、その引き金を引けるのかーー!?

5巻

発売日
2012年12月20日
「多臓器不全及び反社会性人格障害」。政府によりそう定義された「奴ら」が跋扈する中、それに現実感を抱けず右往左往する人間たち…。そんな状況の中、いよいよ樹海から抜け出した英雄と比呂美は、感染のパニックに陥る群衆の中へ!!

6巻

発売日
2013年6月10日
あれから幾日経ったのか…感染したと覚しき女子高生・比呂美の容態が遂に明らかに!!ZQNと呼ばれる感染者たちが溢れる路上で、同行のカメラマン・荒木とともにアウトレットモールへ向かうことになった英雄の採る行動とは!?そして、生き残った人間たちの狂気も露わになっていく……。複雑に絡み合うパワーバランスが崩れる時、生殺与奪の権を握るのは誰だーー!?

7巻

発売日
2013年6月10日
比呂美が人類を救う希望になるかもしれないーー。逃げ込んだアウトレットモールの屋上で出会った謎の女性・藪の提言。戸惑いながらも、英雄は藪と絆を深め、共闘することに。しかし屋上のテント村では、反逆者を殺害する独裁政治が敷かれていた…。狂気を孕んだ比呂美、銃を携える英雄、不敵な集団の支配者、眼下に群がる感染者たち……。奇妙な力関係の中、生殺与奪の権を握るのは、誰だーーー!?

8巻

発売日
2013年6月10日
食糧品奪取のため、アウトレットモールのフードコートへ潜入した英雄たち。袋のねずみとなった彼らに、次々ZQNが襲い来る!!一方、負傷した比呂美を背負った藪もまた、死の要塞から脱出をはかるが…!?善人も悪人も、喰われたらそこで終わり…。緊迫の脱出劇が繰り広げられる中、彼らの生きる意志が試される時。遂に覚悟の銃声が響きわたるーーー!!!

9巻

発売日
2013年6月10日
アウトレットモールを命からがら抜け出した英雄・藪・比呂美…。希望の灯である比呂美の命を絶やさぬよう、病院を探す一同に、次々と試練が訪れる…。頼るあてなき今、彼らに手を差し伸べる神はまだ存命するのかーー!?一方、英雄の担当編集者は「その時」を台湾で迎えようとしていた。近隣諸国にも…崩壊は迫っている。誰もが暗闇の中にいる。培ってきた経験則も役に立たぬ中、光を見つめ続ける強さだけが試される!!

10巻

発売日
2013年9月9日
生きるため。生きるため。生きるため。何故、人は生きるーー?アウトレットモールから脱出後の英雄と藪。迷いを抱えながら東京方面へ前進する彼らの背後で、遂に比呂美が覚醒ーー!!彼女を脅かすのは、頭に刺さった釘……極限の状況下で、英雄たちが取る行動とは!?……そして物語は新たな幕を開ける……引きこもり。社会不適合者。ワケありの生き残り。Youtube上のカリスマ・来栖の元へ、人々が集い来るーー新しい日常へ。新しい価値観へ。今、異界への扉が開かれる……。

11巻

発売日
2013年10月7日
来栖一派からの救出を受けて、アジトへ招かれた引きこもり・江崎。そこに居たのは、「生き存えてしまった」人々。人間が居る。会話がある。食事がでる。しかし、確実に狂っているこの場所で、江崎は震える手で何を掴むのか……!?世界は今、研ぎ澄まされていくーー淀むことなかれ。錆びることなかれ。生きるとは、抗いがたき衝動に身を任すことだーー

12巻

発売日
2013年12月11日
「人を刺す感触に、慣れろ。」<br>「一度くらいは…生きてる実感が欲しい。」<br>「見慣れた景色なのに、死後の世界みたい。」<br>「王様は、ひとりだ。」<br><br>引きこもり・江崎が加わった来栖一派から、遂に感染者が!!<br>激震走る中、アジトを追われた彼らを待ち受ける衝撃の光景とはーー!?<br><br>世界が再編されようとしている中、生きるという選択をしたものは、居場所を求め彷徨い続ける……<br><br>今、静かなる「頂上決戦」がはじまるーー!!!!!

13巻

発売日
2014年2月28日
「クルス」編を経て、半感染者頂上対決の決着はひとまず………………ついた!!!そして、さらに激震の新章は意外な「場所」からその鼓動を聞かせ始める…!!そして物語は、英雄たちの旅の行方を再び追い始める…!!?絶対注目!新章開始で、その核心へと!!

14巻

発売日
2014年6月30日
英雄・比呂美・小田…3人は微妙な関係を紡ぎながら、東京を目指し…旅を続ける。弾丸の補充によった箱根の地。多くの人々が癒やしを求めて集っていたその地は……すなわち、大量のZQNが集まる場所と化しており………!!?大反響!大人気!黙示録第14巻!!

15巻

発売日
2014年9月30日
英雄・比呂美・小田…閉ざされた三角関係が、微妙な変化を遂げていき…。ZQNに咥えられ意識不明の英雄、比呂美のキス(?)、そして小田の体に起こる異変…。…徐々に明らかになっていく、この世界。物語が大きく動き出す!大反響!大人気!黙示録第15巻!!

16巻

発売日
2015年5月29日
ZQNから逃れるため、東京を目指す英雄、比呂美、小田。時にその距離は近づき、言い争い、慰め合いながら、旅中、三人の関係は深まっていく。しかし小田の妊娠が発覚し、状況は一変する。ヒーロー史上、最も残酷な物語が待っている…。

17巻

発売日
2015年6月26日
売れない漫画家、鈴木英雄の日常に、ある日突然終止符が打たれる。噛みつかれると食人鬼のようになってしまう謎の奇病が発生。「ZQN」と呼ばれる感染者たちが街に溢れる。そんな中、英雄は女子高生・比呂美と出会うが、彼女は半感染状態に陥る。御殿場で出会った小田が感染後、死亡する中、東京・池袋では、大ヒット漫画家、中田コロリらが、高層ビルを基地として過ごしていた…

18巻

発売日
2015年11月30日
ZQNから逃れ、東京へと向かう、売れない漫画家・英雄と女子高生・比呂美。ふたりきりの旅は、やがて、相手への感情へも変化をもたらす…2016年映画化決定、累計500万部突破の大ヒット連載が、過去最高のラブロマンスへと突入…!!!

19巻

発売日
2016年3月15日
累計600万部突破、大ヒット作品!!!2016年4月23日(土)、全国映画公開!!![キャスト]鈴木英雄/大泉洋 早狩比呂美/有村架純 藪/長澤まさみ[監督]佐藤信介(『GANTZ』『図書館戦争』)東京へ向かって、ふたりで旅を続ける英雄と比呂美。巨大ZQNに追われながらも、ふたりはなんとかピンチを切り抜け、信頼と愛情を育む………が突如、神からの啓示のように比呂美に訪れた、残酷な真実。それは、ZQNという生命と人類の行く先を知るための、大きなヒントとなるのだが…覚醒と惜別の最新刊!!!

20巻

発売日
2016年4月12日
累計600万部突破、大ヒット作品!!!2016年4月23日(土)、全国映画公開!!![キャスト]鈴木英雄/大泉洋 早狩比呂美/有村架純 藪/長澤まさみ[監督]佐藤信介(『GANTZ』『図書館戦争』) 巨大ZQNと共に去った女子高生・比呂美を追って、再び東京に戻ってきた主人公・鈴木英雄。一方、かつて英雄がライバル視していた大ヒット漫画家・中田コロリは、池袋の高層ビルに籠城し、押し寄せるZQNと闘っていた…謎の指導者・浅田とは?巨大ZQNの目的は?比呂美は、いま…!?積み重なる謎、愛情と決意の20集。

21巻

発売日
2016年10月28日
池袋高層ビルでの戦いは混迷を極める…!?自ら巨大ZQNに連れ去られたヒロイン・早狩比呂美を追って、東京・池袋に戻ってきた主人公・鈴木英雄。一方、中田コロリ、浅田、クルスは、東京を脱出するためのヘリコプターの席を争って、熾烈な戦いを繰り広げる。ZQN溢れる池袋。ここが、人類最後の土地なのか。一同集結、思惑が“人間としての死”を誘う、決闘の21集。

22巻

発売日
2017年3月30日
シリーズ累計800万部超。青年漫画の金字塔、ここに完結。2009年、『アイアムアヒーロー』連載開始。ZQNと呼ばれる謎の感染症が蔓延し、主人公の漫画家・鈴木英雄の日常は、突如パニックに陥る。そして…2017年、英雄の物語は、漫画史上かつてないミニマムかつダイナミックな終わりを迎える。東京・池袋に戻ってきた鈴木英雄は、この日常のヒーローになれるのか。クルス、浅田、コロリ…三つ巴の戦いの末、新しい世界の黙示録は、誰の手によって作られるのか。大事な人を次々と失いながら…生命は今、クライマックス。さようなら、生きて、英雄。