ふしぎ遊戯

レディースコミックランキング34位
作者
渡瀬悠宇(わたせゆう)
出版社
小学館

1巻

発売日
2012年12月20日
時は大正時代。多喜子は、父・永之助が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれる。降り立った異世界で、自分が玄武の巫女だという運命を知り…!?「ふしぎ遊戯」の始まりの物語、玄武の巫女の伝説が今、幕を開けた。ファン待望の弟1巻!!

1巻

発売日
2012年12月20日
中学3年生の夕城美朱(みあか)は現在、花の受験生。女手ひとつで育ててくれた母親の期待に応えるために、超難関進学校の城南学院を目指して猛勉強の毎日を送っていた。ある日、美朱は親友の唯と受験勉強をしていた図書館で“四神天地書”という古い本を見つけた。この本を読み終わると、本の主人公と同じように朱雀(すざく)の力を手に入れて、望みがかなうという。その本を開いてしまった2人は、本の中に吸い込まれてしまった。本の世界でさらわれそうになった2人。あぶないところを鬼宿(たまほめ)という額に“鬼”と書かれた青年に助けてもらう。なんとか本から出られた2人だが、本のことが気になって…!?

2巻

発売日
2012年12月20日
玄武の巫女として、七星士(しちせいし)集めを始めた多喜子とチャムカ。一方、玄武七星士の一人であるリムドは、敵側倶東国の兵士となってしまう……。多喜子は巫女としての役目を果たせるのか。急展開の第二巻!!

2巻

発売日
2012年12月20日
本の中に吸い込まれ、物語の主人公になった美朱(みあか)。紅南国の皇帝・星宿(ほとほり)に頼まれ、国を護る“朱雀(すざく)の巫子”として国を導くことになった。しかし、疲労と精神的ショックのために倒れてしまう。鬼宿(たまほめ)たちは美朱を回復させるために、いったん元の世界に戻そうと考えたが、その方法がわからない。この世界を司る“太一君(たいいつくん)”なら方法を知っているかもしれないと思い、太一君の住むという大極山に向かうことに。しかし、そこは巫子と七星士全員集まって、はじめてたどり着ける場所だった。そのために、残りの七星士を探しながら旅をすることになった美朱たちだが…!?

3巻

発売日
2012年12月20日
室宿(はつい)を仲間にした多喜子(たきこ)たちは、他の玄武七星士の居場所を知るてがかりを求めて、偉布礼へ向かった。そこで、巫大師から「転節の石原」へ赴き、巫尊師アンルウに会うように勧められる。ところがすでに倶東国の刺客が多喜子たちの目前に迫っていた……!4人目の七星士・壁宿(なまめ)登場!緊迫の第3巻!

3巻

発売日
2012年12月20日
太一君(たいいつくん)の力を借りてなんとか本の世界から戻れた美朱(みあか)。しかし、自分の代わりに“四神天地書”の中に入ってしまった唯を捜すために再び本の世界へ。そして、鬼宿(たまほめ)の故郷の村で彼と再会。ところが、村には朱雀(すざく)の巫子を狙って紅南国と敵対する倶東(くとう)国の魔の手が伸びていた。鬼宿の家族を人質に取られてしまい、いきなり窮地に立たされる美朱たち。そこに4人目の七星士・井宿(ちちり)が現れ、助けてもらう。これ以上鬼宿を危険な目に遭わせたくないと思った美朱。唯が倶東国に捕まっていないようにと祈りながら、みんなを残して、1人で倶東国に行ってしまい…!?

4巻

発売日
2012年12月20日
壁宿(なまめ)を仲間に加えた多喜子(たきこ)たち一行はある村に立ち寄った。多喜子(たきこ)はその村で、倶東国(くとうこく)に戻ろうとしていたリムドと激しい口論になる。リムドが村を去るのと時を同じくして、村に倶東国の刺客が現れた…!まさに絶体絶命のその時、多喜子たちを助けにかけつけた人物とは…!?5人目の七星士・斗宿(ひきつ)登場!急展開の第4巻!

4巻

発売日
2012年12月20日
本の世界に入ってしまった唯は、美朱(みあか)は自分を助けに来てくれた、と思っていた。しかし、鬼宿(たまほめ)との愛を確かめ合った美朱が「鬼宿に会いたくて戻ってきた」と言うのを聞いてショックを受ける。裏切られたと思った唯は、復讐のため青龍の巫子となり、美朱と敵対した。紅南国まで戻った美朱と鬼宿だが、倶東(くとう)国との戦争を避けたければ鬼宿を差し出すように、と要求してきた。どこにも行かないと約束した鬼宿だが、単身、倶東国へ向かう。彼を助けるため、そして、朱雀(すざく)を呼び出して、唯との友情を元通りにするようお願いするために、美朱は残りの朱雀七星士を探す旅に出たが…!?

5巻

発売日
2012年12月20日
妖魔と戦う女宿(うるき)たちを残し、現実世界に戻ってしまった多喜子(たきこ)。本の中と現実世界で時間の流れが違うことに気づいた多喜子は母親を生き返らせるという新たな目的を胸に再び四神天地書の世界へ向かう。女宿の腕に抱きとめられた瞬間、多喜子は確信したーーー女宿を愛している…!6人目の七星士・牛宿(いなみ)登場!急展開の第5巻!

5巻

発売日
2012年12月20日
朱雀(すざく)を呼び出して、紅南国を護り、唯との友情を元通りにする。そのために、残りの朱雀七星士を捜す旅にでた美朱(みあか)。そして、新たな七星士・軫宿(みつかけ)をみつけることができた。これで、鬼宿(たまほめ)、星宿(ほとほり)、柳宿(ぬりこ)、井宿(ちちり)、翼宿(たすき)と合わせて6人。残るは張宿(ちりこ)ただ1人。そんな時、美朱は不思議な笛の音を耳にした。その笛の音の主は、張宿と名乗る15歳の男の子だった。これで朱雀七星士、全員がみつかったとよろこぶ美朱。これで朱雀を呼び出せるし、鬼宿も迎えに行ける。そして、唯とも仲直りできると思っていた美朱だったが…!?

6巻

発売日
2012年12月20日
時は大正時代。多喜子は、父・永之助が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれる。降り立った異世界で、自分が玄武の巫女だという運命を知り…!?「ふしぎ遊戯」の始まりの物語、玄武の巫女の伝説が今、幕を開ける…

6巻

発売日
2012年12月20日
唯に蠱毒(こどく)を飲まされた鬼宿(たまほめ)は、記憶も人格も変えられてしまう。美朱(みあか)を憎み命を狙うようになってしまったのだ。もはや昔の鬼宿には戻らないと知ってしまった美朱は、彼に別れを告げた。そして、傷心のあまり自らの命を絶とうとする。その場はなんとか星宿(ほとほり)に救われた美朱。そして星宿から「一緒になってほしい」と告白された。いつも自分のために一生懸命になってくれる星宿の気持ちに応えるのが一番いいことだと思った美朱。でもやはり、鬼宿のことが忘れられなかった。そしてある雨の日の晩、刺客と化した鬼宿が、美朱のいる宮殿に現れた。それを迎え討つ星宿だが…!?

7巻

発売日
2012年12月20日
主従を超えたリムドとソルエンの固い絆(きずな)が…!?テグを助けることでハーガスの心を開こうとする多喜子(たきこ)。だが、敵軍に捕らえられ、ソルエンと共に特烏蘭(トウラン)へ連行される。その途中、多喜子の命と引き替えに女宿(うるき)をおびき出すよう迫られたソルエン。承知したソルエンは多喜子を逃がし、敵の大軍を引きつけて…!?玄武の物語、いよいよ核心に突入!衝撃の第7巻!

7巻

発売日
2012年12月20日
今まで美朱(みあか)たちと行動を共にしてきた張宿(ちりこ)は、実は青龍七星士の1人・亢宿(あみぼし)だった。だまされていた美朱たちは、その後本物の張宿を見つけだす。ところが、朱雀(すざく)を呼び出す儀式に失敗し、さらに四神天地書を灰にしてしまった。朱雀を召喚する方法を失ってしまった美朱たち。しかし、太一君(たいいつくん)の教えによれば玄武の国・北甲(ほっかん)国にある神座宝を手に入れれば朱雀を召喚できるという。一方、唯も青龍七星士の1人・亢宿を失ったことにより、青龍を召喚できなくなった。そのために、神座宝をめぐって、唯とは完全に敵対することになってしまった美朱だが…!?

8巻

発売日
2012年12月20日
愛し合う2人を運命(さだめ)が引き裂く…!?大切な「家族」ソルエンを失い、満身創痍で倒れた女宿(うるき)は、神聖な力で護られた森に住む謎めいた少女に助けられた。導かれるようにその森に来た多喜子(たきこ)が見たのは、自分を責め続ける女宿の姿…。ハーガスとの対決を前に、女宿を悲しみから救うすべはあるのかーー!?物語はかつてない領域へ!急展開の第8巻!

8巻

発売日
2012年12月20日
朱雀(すざく)を呼び出すために、美朱(みあか)たちは神座宝を求め北甲(ほっかん)国へ向かった。しかし途中で、青龍七星士の房宿(そい)の起こした嵐に巻き込まれ、女誠(にょせい)国に流れついてしまった。この国は、女尊男卑の国で、男はみんな目をえぐり取られて、女の道具とされてしまうのだった。美朱以外は、女装して抜けようとしたが、軫宿(みつかけ)だけ捕まってしまう。助けに行った井宿(ちちり)も男とばれてしまい、美朱も含め全員が追われるはめに。分散して逃げて、あとで西の城壁に集まることにした一行。途中、花婉(かえん)という女に助けられ一足早く着いた美朱だが、実は彼女が房宿で…!?

9巻

発売日
2012年12月20日
神獣を召喚した巫女は、その生け贄となるーー。運命を知った女宿(うるき)は「元の世界へ帰れ」と多喜子(たきこ)に別れを告げた…。傷心のまま日本に戻った多喜子はすべてを忘れるため及川(おいかわ)医師の求婚を受ける。しかし突然、母と同じ肺病を発症し、死を覚悟して…!?ますます目が離せない!急展開の第9巻!

9巻

発売日
2012年12月20日
朱雀(すざく)七星士・柳宿(ぬりこ)は、神座宝のあるという洞窟の前で、青龍七星士の1人・尾宿(あしたれ)と闘った。戦いには勝利したものの、自らも深手を負ってしまい、柳宿は美朱(みあか)たちの前で静かに息をひきとった。仲間の死に動揺してしまった美朱は、朱雀の召喚をあきらめようとする。しかし、鬼宿(たまほめ)に「柳宿の死をムダにするな…」と言われ、柳宿が生命をかけた使命の重さを知った。そして、鬼宿たち、残る6人の朱雀七星士に支えられ神座宝のもとへ向かった。ところが神座宝の前に、200年前に死んだはずの、北方玄武七星士の“斗宿(ひさつ)”と“虚宿(とみて)”が現われて…!?

10巻

発売日
2013年9月2日
先ごろ初の舞台化も大好評だった「ふしぎ遊戯」、その続編である「ふしぎ遊戯〜玄武開伝」。いよいよ第10巻の発売です。胸の病を患い、吐血した多喜子。しかし病を隠して女宿(うるき)とともに生きることを選んで北甲国(ほっかんこく)の特烏蘭(トウラン)へ戻った。女宿は愛する多喜子のために父・テムダンへの私怨をおさえ、巫女としての彼女を守ろうと決める。その想いに応え、幽閉中のテグを救出しようと、多喜子は現皇帝テギルと接触を図る。さらに女宿の父・テムダンのもとへ向かう途中、テムダンにも悲しい過去があったことを知る。

10巻

発売日
2012年12月20日
青龍七星士・心宿(なかご)に汚され、朱雀(すざく)の巫子の資格をなくしたと思い込む美朱(みあか)。鬼宿(たまほめ)に合せる顔がないと、彼の元を去ってしまう。山中で、大イタチに襲われる美朱だが、青龍七星士・角宿(すぼし)によく似た男に助けてもらう。実は、その男は角宿の双子の兄で、以前、美朱たちをだましていて、川に落ちて死んだと思われていた、青龍七星士の1人・亢宿(あみぼし)だった。しかし今は、記憶をなくし老夫婦の息子のとして西廊(さいろう)国の磨汗(まかん)村で暮らしていた。以前、朱雀七星士のふりをしていただけに、まただまされているのかもしれない、と不信に思う美朱だが…!?

11巻

発売日
2013年9月30日
玄武の巫女・多喜子は、神獣・玄武を召喚し、北甲国を救うため、七星士の仲間たちと共に、首都・特烏蘭(トウラン)の王宮に迫った。「玄武の巫女が現れて四神天地之書を開く時、王の息子が王を殺す」その予言ゆえ、宿命的に引き裂かれた父テムダンと息子リムド。その予言を仕組み、兄テムダンを玉座から追いやった弟テギル。テムダンと復讐の密約を交わした双子の弟ハーガスと、兄テグ。秘めたる孤独な魂が引かれ合う、ハーガスと王族の娘フィルカ。そして、決して結ばれてはいけない悲運の恋人・多喜子とリムド。様々な人間関係が交錯し、欲望と情念と運命が絡み合い、やがて大いなる伝説として結実するミラクル・ファンタジー!クライマックスに向け怒濤の展開が急加速する最新巻です!

11巻

発売日
2012年12月20日
美朱(みあか)を守るため、同じ青龍七星士である氏宿(とも)と戦う亢宿(あみぼし)。しかし氏宿の幻覚を破る時に自分の指を折ったため、思うように武器の笛が吹けず、劣勢に立たされる亢宿。しかしその場に、亢宿の弟・角宿(すぼし)が現れ、氏宿を倒してくれた。亢宿は、角宿に青龍七星士としての使命を忘れ、摩汗(まかん)村の新しい家族と一緒に暮らそうと言う。角宿に記憶をなくすための薬を飲ませようとしたが、青龍の巫子・唯が好きだからと断られ、逆に亢宿がその薬を飲まされてしまう。美朱のせいで唯が、男たちにひどい目にあわされたと誤解している角宿。美朱にも同じ目にあわせようと彼女に近寄るが…!?

12巻

発売日
2013年10月28日
「ふしぎ遊戯」開始から20年!「ふしぎ遊戯 玄武開伝」スタートから10年!いよいよ完結巻!中国の書物「四神天地之書」の中に吸い込まれた少女、多喜子は、伝説の巫女として過酷な運命を背負う。「七星士」を探し出し、その中の、女宿(うるき)と愛し合うようになった多喜子。凍てつく世界で芽生えた、愛の行方は…引き裂かれるのか!?結ばれるのか!!?この結末は、見逃せない!!渡瀬悠宇の、ライフワークとも言える「ふしぎ遊戯 玄武開伝」圧倒的な最終巻!

12巻

発売日
2012年12月20日
朱雀(すざく)の召喚に必要な2つめの神座宝も、唯の手に渡ってしまった。美朱(みあか)と和解を考えるが、結局青龍七星士・心宿(なかご)のもとへ戻ってしまう唯。2つの神座宝によって、青龍を召喚してしまう前に唯を説得しようと、儀式の間をめざす美朱たち。儀式の間の入口扉までたどり着いた美朱たちの目の前に、心宿が現れた。倶東(くとう)国に滅ぼされた、濱(ひん)族の末裔でありながら、倶東国に味方する心宿に、なぜかと問う美朱。だが答えぬまま心宿は扉の向こうへ姿を消してしまう。急いで追う美朱だが、そこは儀式の間とは離れた、ただの屋上だった。必死に唯に呼びかける美朱だが、唯には届かずに!?

13巻

発売日
2012年12月20日
四神天地書の世界から現実の世界に戻った青龍の巫子・唯と朱雀の巫子・美朱、そして朱雀七星士・鬼宿(たまほめ)。唯は現実の世界に青龍七星士の角宿(すぼし)を呼び出す。美朱(みあか)を追いつめる角宿。朱雀(すざく)を封印され、力が使えない鬼宿だが、なんとか角宿を倒す。一方、紅南国は倶東(くとう)国と交戦中。朱雀七星士の星宿(ほとほり)は、青龍七星士の心宿(なかご)と対峙していた。心宿の野望のせいでこの戦争が起きたことを知った星宿は、心宿に斬りかかる。一矢報いることはできたが、逆に瀕死の重傷を負ってしまう星宿。一方美朱は、唯が青龍に願ったために、四神天地書に入れなくなり!?

15巻

発売日
2012年12月20日
魏(たか)の消滅を防ぐために、7つの石を探すことになった美朱(みあか)と魏。それぞれ石には魏が転生する時に、忘れてしまった鬼宿(たまほめ)のときの記憶がつまっていた。その記憶の石を2つ取り戻した2人。残る石はあと5つ。決して離れないと誓う2人は、3つ目の石を探し始める。しかし魔物が、現実の世界の美朱の前に現れた。とっさに朱雀(すざく)星君に託された、四神天地書を投げつけて魔物を撃退した。その翌日、美朱の学校に、魏が拳法部コーチとして来た。一緒に帰る約束をする美朱だが、約束の場所に来たのは同級生の桑原だった。桑原に襲われそうになる美朱だったが、魏が助けに来てくれて…!?

16巻

発売日
2012年12月20日
3つ目の記憶の石を手に入れて、無事に本の世界から戻ってきた美朱(みあか)と魏(たか)。美朱は、約束していた魏との2人きりの旅行に胸踊らせる。だが、生徒会長の祀行(しぎょう)に操られた学校の生徒たちに襲われてしまう。捕えられてしまった美朱は、朱雀(すざく)星君の宿った腕時計を奪われ、壊されてしまう。祀行に魏との記憶を消されそうになるが、間一髪で魏が現れ、四神天地書という巻物を使い、祀行を倒すことができた。でも腕時計が壊されたために、巻物の世界に行けなくなってしまった。これでは石を探しに行けない。どうしたらいいか困っているうちに、魏の体がどんどん透けていってしまい!?

17巻

発売日
2012年12月20日
魏(たか)のアパートが、現実世界まで干渉してきた天堽(てんこう)の魔力により爆発してしまう。そして、部屋にいたはずの魏は行方不明になってしまう。それを知った美朱(みあか)は、彼が天堽にさらわれたのだと悟り、四神天地書の世界へ入って行った。そして朱雀(すざく)七星士の力を借りて、魔界にいる天堽の元へと急いだ。また現実の世界では、美朱の兄・奎介(けいすけ)たちが図書館で、天堽についての手がかりを探した。一方、さらわれた魏は、美朱が愛しているのは転生した自分ではなく鬼宿(たまほめ)だ。そのために石になった鬼宿の記憶を求めている、と天堽に言われショックを受けてしまい…!?

18巻

発売日
2012年12月20日
天堽(てんこう)にすべての石を奪われてしまった。そのせいか、鏡に姿が映らなくなってしまった魏(たか)。ショックを受ける彼にさらに追い打ちをかけるように、もう1人の“鬼宿(たまほめ)”が美朱(みあか)たちの前に現れた。とまどう美朱たち。彼はいままで朱雀(すざく)の神力で護られて眠っていたという。風にあたってくると外に出た魏。すると突然、天堽の最後の四天王・俑帥(ようすい)が美朱に襲いかかってってきた。なにもできない魏に対し、鬼宿は額に鬼の文をうかべ、七星士の力を発揮して、俑帥から美朱を守った。魏は自分には、鬼宿のときの記憶はないし力もないと、1人現実の世界に戻ってしまい!?