幻月楼奇譚

ボーイズラブランキング1652位
作者
今市子(いまいちこ)
出版社
徳間書店(Chara)

1巻

発売日
2013年10月10日
鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、老舗の高級味噌屋の若旦那。名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓(ひいき)は、怪談にしか能がなく、金次第でなんでもする曲者(くせもの)の幇間(たいこもち)・与三郎(よさぶろう)。嘘か真実(まこと)か若旦那、与三郎に言い寄って!? 吉原(よしわら)の料亭「幻月楼(げんげつろう)」の座敷を夜ごと彩るのは、人の世の欲望とあやかしが織りなす不思議語り。

2巻

発売日
2013年10月10日
老舗高級味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓(ひいき)は、物の怪が見える曲者(くせもの)の幇間(たいこもち)・与三郎(よさぶろう)。今日も吉原(よしわら)の料亭「幻月楼(げんげつろう)」で言い寄るけれど、二人の逢うところ、なぜか不思議な事件が巻き起こり…!? げに怖しきは人間(ひと)か妖(あやか)しかーー。

3巻

発売日
2013年10月10日
老舗味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は名だたる道楽息子で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓は、物の怪が見える曲者の幇間(たいこもち)・与三郎(よさぶろう)。吉原の料亭「幻月楼(げんげつろう)」に通っては、今宵こそはと言い寄るものの、肝心の男(ひと)はつれなくて…!? 二人の逢瀬を妖しく彩るのは、時も世の理(ことわり)も超えた人の情念。

4巻

発売日
2014年11月7日
老舗味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は名だたる道楽息子で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓は、物の怪が見える曲者の幇間(たいこもち)・与三郎(よさぶろう)。細く長く続くふたりの仲は、吉原の料亭「幻月楼(げんげつろう)」でも評判で…!? 今宵も与三郎の膝の上、若旦那が見るのは、夢とうつつが綾なす摩訶不思議な物語──大人気シリーズ第4弾!!

5巻

発売日
2018年1月12日
カラー扉収録。●老舗味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、美男だけど変わり者の道楽息子。跡継ぎ問題はさておいて、鶴来家に生まれた初孫を可愛がる毎日だ。彼のご贔屓で、物の怪が見える曲者の幇間・与三郎(よさぶろう)は、そんな若旦那に穏やかじゃない様子で…!? 二人の仲の進展を知るのは、吉原の月とあやかしばかり──大人気シリーズ第5弾!!